猫一家と教室の再開について

  • 2018.06.01 Friday
  • 00:13

ゾンビ状態のパン教室ぐるぱくです。皆様お元気でしょうか、、、。

「教室の再開について」とタイトルにありますが骨折の後再びお休みするという宣言そのものをしていません、、。

いや、、次々と襲い掛かる「いろいろ」でしたが、、、

現在の「いろいろ」について、、。

前にこのブログでも猫の一家を保護して飼い主さん募集を書きましたが、、これがまた大変で、、。

 

親猫さんは家人の会社作業場にウロウロしていた黒いメス猫ちゃんです。

その猫は多分1歳とのこと。

その猫さんの旦那さんは、野良のロシアンブルーです。ロシアンが野良??

まぁ、、捨てられただと思います、、。

人間の都合ってやつでしょう、、。

なのでお子様は黒の猫が3匹、グレーの猫が2匹でした。

その仔猫たちは会社の偉い人によって、山か川に捨てられる計画があったらしく、、。

家人が捕まえたいとのことで、、

知り合いの猫の保護団体のNPOさんに連絡を取って、猫の捕獲器をお借りしました。

ちなみに捕獲器は保健所でも借りられるそうです。

 

そうそう、、うちのヤマビはその団体から譲渡された猫です。

 

親猫は あっという間に捕獲、、仔猫はひとやまって感じでゴッソリ持ち運べたらしく、、4匹の仔猫、、と聞いてましたが、捕獲器と段ボールに入れられた仔猫が我が家に到着して確認したら仔猫は5匹でした。

 

まだ後ろ足がヨロヨロしていて、目もよく見えてないので戯れるとか そーいった仔猫レベルに達してない赤ちゃん猫でした。

親はかなーーり怒っており、とても触れるとかってレベルではなく、、、。

しばらくは授乳もしていたし、仔猫はミルク飲んで寝てる、、だけなので手はさほどかかりませんでしたが、、だんだん動き回るくらいになって、えらいことになってきました。

それだけなら良いのですが、、、現況、親猫が仔猫を威嚇し始めたのです。

 

通常親が仔猫を威嚇するのは生後半年です。

ただ気が立っているのかとおもてったのですが、、、どうやら原因はうちの猫。

うちの猫は雄で、去勢手術はしてあるのですが、マーキング癖があります。

その匂いを嗅いだからなのか、、多分、親猫さんは次の発情期になったらしく、、うちの猫を窓越しでも見かけると、ウニャウニャとすごいアピール。捕獲しているゲージが2段というのか2F建てみたいなゲージですが、上に行ったり下へ行ったり。

そうなると仔猫への威嚇や、授乳拒否など、、、ほぼ間違いない、、。

 

先日は食い殺すのではないかと思うほどの威嚇でした。

と言っても、親猫は人間へもシャー、、、ウーーーと威嚇しても手を出したり噛みついたりした事はないです。

この時は4時間くらい仔猫と親猫を隔離し、その後一緒にしたら授乳させていました。

こういう時は穏やかな顔です。

 

どうも欲なので、リズムがあるのだろうと思います。興奮してる時とそうでない時で授乳して毛繕いしてやたっり、、かと思えが威嚇して授乳拒否したり仔猫を怯えさせたり。。

 

またご飯も大変です。親が大変飢えており、ご飯をあげる時は飢えたライオンのような勢いです。

最近は仔猫も徐々に離乳させてるので、まず親をゲージの2F部分にご飯で誘導し、仔猫をゲージの外に出します。

外のの仔猫はそれぞでにお茶碗に猫用ミルクでふやかしたカリカリや猫ちゅーる などを入れて与えますが、何しろ小さいので手も足もお茶碗に突っ込んだり、、、またミルクは飲もうとすると鼻に入ってしまうので飲めません。

当然親はガツガツと素早く食べるので仔猫の分も欲しくて騒いでいます。

 

そのまま待たせて、仔猫が残した分をかき集め、親猫に与えます。

親猫はガリガリに痩せていますが、たくさん食べ過ぎてお腹を壊した時はお尻を洗ってやる事もできそうもないし、、。

程々の量をあげて、、15時くらいに 猫ちゅーるをあげています。

仔猫たちは ちゅーる は食べる事ができるので私にクレクレと群がり、よじ登られ地ます。

 

成長の遅い子はまだ母乳以外をあまり食べようとはしないし、成長の早い猫は他の分まで取って食べようとします。

数日前、、5/28からやっと猫じゃらしなどのおもちゃに反応し始めました。

 

親猫の方はテレビで見た事がある方法で鳴らしています。

棒の先に歯ブラシを巻きつけて、持つところが長い歯ブラシにし、それで親をな撫でます。

最初はそれも無理でしたが、、授乳中など動きが取れない時にブラシして、ブラシの気持ち良さをおぼえさせました。

その後棒をとて歯ブラシ本来の長さでブラッシング。

慣れてきたらたまに手でタッチ。

それを繰り返し、、今は首やあたまを素手で撫でています。

頭は一瞬ビクッとしますが、気持ちよさそうにしています。

頭も撫でれたけれど、食事の時は人間への威嚇が激しい、、、。

 

そんな猫の乳母数十分おきにお世話、、でパン教室どころか、試作の生地もなんども過発酵したりで廃棄、、、。

 

それでもグレー1と黒1は、NPOさんのご紹介でとても良い方に新しい飼い主さんが決定しました。

この子たちは尻尾もまっすぐです。

 

そして今日は私の友人の会社の人が見に来てくださり、もう1匹のグレーの子が決まりました。

この子はピカチュウみたいな尻尾です。この子の行き先のおうちには8歳の先輩猫が居るそうです。

 

どちらもまだ母乳を飲んでいるのでもう少し先のお渡しです。

猫を実際にもらっていただく時は私の方から訪問し家の状況を確認、、多頭飼いではないか、変わった家族はいないか、、などなどいろいろ、、、。

 

そんなわけで、、一応6月2週目に新しいおうちにお連れする予定でいます。

近くになって仔猫の状況によっては延期もあり得ますが、親の威嚇にもよります。

それとあと2匹の黒い子はまだ飼い主さんが決まっていないので教室の再開は、その状況にもより、、。

 

黒い2匹は、尻尾がボンコ(ほぼない)のと、あるけどチョビッとの子です。

▼ボンコ

▼チョビッと

可哀想だけど見た目で幸せが決まるんだな、、、。

でも実はこの2匹は一番成長も早くいろいろなことを覚えるので多分頭がいい子です。

 

よくあるネットでの譲渡は かなりいい加減な人や、いじめる人などもいるのでやりたく無いのです。

知り合いの知り合いまでなので、相当範囲も狭い、、、見に来てもらって話などもして お人柄も見させていただいています。

動物は飼い主を選べないけど、飼い主で一生が決まるのですから。

 

そんなわけで、、今猫一家中心の生活です、、、。

教室もやろうと思えばできるとは思いますが、、動物なので ウンチもするし、臭うこともある。

動物が嫌いな人もいる。

猫は臭わないと言っても臭うと思うし。鳴き声だってするし、親の威嚇だって聞こえるし、、。

というわけで、再開まで、、今しばらく、、、おやすみです。

 

一応の目安は早ければ6/23、遅ければ7/1くらいかな、、。

23は決まっている3匹が貰われてから2週目にあたるという理由です。

親猫も慣らしてあげないといけない、、、。

この子はNPOさんが相談に乗ってくれる予定がありますが、なるべくなら良い飼い主さんに貰われてほしい、、。

コメント
コメントする

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

HP本家

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM