バレエ発表会へ+猿江神社

  • 2018.03.25 Sunday
  • 23:59

Hさんのバレエの発表会とのことで江東区まで行ってきました。

時間を多く見積もりましたが、町田市で大渋滞、、、なぜ??都下なのに???

脱出に相当時間を費やし、20分前くらいに到着。

 

運良く会場のビルの駐車場が空いてて入れた。

お昼は隣にあったスーパーのフードコートで済ませ、会場入り。Hさんの旦那さんが入り口のところで待っててくれました。

席ではお母様やお友達、元上司の方など大勢みえていて、Hさんの人望が伺えます。

社会人になってここまで人が来てくれることってあまりない!さすがHさん。

 

小さい子のダンスから始まりましたが、時々忘れて隣の子を見て手が逆になってたり、忘れている子に手でトントンしてこうだよ、、と教えていたり、かなり微笑ましい!会場からも可愛い、と笑いも漏れました。

全員で賑やかに踊り、ソロや数名での披露など、、小さい子からジュニアまでが終わると次は大人たち。

 

Hさんは2回登場。数日前から風で不調だそうですが、綺麗に踊りきってました。

場内撮影禁止なので写真はないですが、皆さん衣装も華やかで見てると気持ちが明るくなります。

そういえば私の母も宝塚歌劇団出身のダンサーで、子どもの頃、家には衣装があって、美味しれには綺麗なスパンコールやら石などが透明なビニール袋にいくつも入ってました。昔ダンサーは自分で縫いつけたりしてたんです。

そのキラキラしたものを出してはよく眺めていました。

他にも首につけるもの、頭に乗せるものなども幾つかあって、みんな綺麗だったな。

 

全てのプログラムが終わって、本人がロビーに登場。

みんなで写真撮ったり、スターです!

 

このあと、会場の周りに珈琲でもないかと探しましたが、特に見つからず。

あとは、、検索したら「猿江神社」というのがあったので、行ってみました。

家人は自分のことを大猿と称しています。ちなみに家人の弟は子猿と名乗ってます、、、。

で、、これは行った方が良いのか?と行ってきました。

 

こじんまりしていましたが感じがいいところでした。

確かに猿江神社ですが

鳥居のところには「稲荷神社」

 

文字通り、狐さんがたくさん。

お参りするとこ、、しっかりと猿江神社と。

ここの狛犬さん ちょっと四角っぽい強面でした。

広くない敷地には桜が咲いていて、広くないから桜がバーーンと映えてる感じもしました。

去ったあとに気づいたのですが、通りの反対側に「猿江神社」と書いてあってお参りするところがあったんですね。

御朱印もらう時 離れた場所に何かあると たいがい聞いてくれたりするんだけど今回なくて気づかなかったぁ!

ここの御朱印、スタンプが可愛い。

猿江神社

平安時代後期)、武士の遺体が当地あった入江に漂着、毎夜光明を発した。
武士の鎧には源頼義の臣「猿藤太(さるのとうた)」と記されており、懐からは法華経の経文一巻が出てきた…

村人が塚を建て葬ったところ、豊漁が続くようになり「猿藤太」の頭文字「猿」と入江の「江」を合わせ、猿江稲荷と称したそうな。

でも当地の地名「猿江」もこの伝承に由来するそうです。

さらに東京大空襲で深川は大火事になったにもかかわらず、奇跡的に難を免れたのだそうです。

みたま温泉行きました

  • 2018.02.18 Sunday
  • 10:41

行きは晴天なので八ヶ岳などがよく見えました。

結構高い場所にある温泉。

駐車場のはじの方からも景色が一望できます。

ここの露天から見る景色も絶景でした。

自分としては「ほったらかし」より良かったな、、

 

そこで巨大梨が売ってた。

室かなんかで保存してたものらしいです。味は、、、、、、ノーコメント。

 

近くに一宮神社が地図に載ってたので行ってみたところ、大きい神社ですが無人君。

オートセルフですね。

 

これはなんだ、、、

 

なかなか私は成就できないらしい、、、

この神社奥は山状態です。

遠く山の上から猫の鳴き声がこだましたので、鳴き真似したら聞きつけて鳴きながら降りてきました。

人間だったと気づいて山の上に戻ってしまった、、。

 

このまま帰る予定が金櫻神社が近いとかでさらによりました。

御朱印帳みたら、前回行った神社も金櫻です、、、。

上り階段は雪で真っ白け。

本殿はこのままでお参りもオッケーですが、、

横は改修工事中で御朱印などを賜る社務所は無く、、それらは本殿につながっている左側で受け付けていました。

金櫻神社はGW頃春の大祭ですが、その時は工事はすっかり終わっているそうです、、。というか1週間後にはできているであろうとのこと。早いね、、。

 

今回も富士山くっきり。

高尾山参拝

  • 2018.01.14 Sunday
  • 23:59

毎年恒例の高尾山参拝行ってきました。

いつもは1月になって2回目の日曜辺りでは もう少し混んでいると思うのですが空いてた。

今回はケーブルカーになりましタァ。

このケーブルカーは2台が行き来していて一つはコレ。

もう1つは乗った奴でコレ。

黄色が共通色で赤と緑は紅葉と新緑なのかなぁ?

終点降りると標識。

ケーブルカーが頂上だとか、薬王院が頂上とだと思っている人も多い高尾山ですが、どっちも山頂では無いです。

リフト駅  ケーブルカー駅  薬王院 稲荷 頂上

という感じでしょうか、、。

 

見晴らしの場所、、

ここは展望なのでなかなか人が写り込ま無いで撮れることが無い、、

今回も写っちゃった、、

もうちょい上の薬王院へ、、今回は階段で行こうかな。

迂回は階段は無いけど坂道。

この門の真下というか正面というのか、、いあったお店が無くなったのは寂しい。

見た目もちょっと、、。

入ってすぐ、、

赤い梅がもう咲いていましたよ。こんな寒い山の上で!

写真左下

高尾の山門入って目の止まったのがコレ。

よくできている。

参拝客もいつもより少なかった。

次のお護摩まで10分もなかったけど、空いていたので余裕で入れました。

その後おみくじを引いたんですが、、。

凶!

この下はもう無いのだ。

開き直るれば良い!

先日知り合いも凶で その文面が酷いのなんの。

何やってもダメです、ほぼ確実に命も危なくて 信心すれば30パーはよくなる、、的なことが書いてあった。

あまりにも具体的すぎる上に強烈な内容でした。

 

家人も珍しく引くと言って引いてきたら、、大吉。

この後お遍路さんじゃないがこちらへ。

ちゃんと現地で時間かけて回らなくても回ったことになるっていうヤツ、、

うーーん、、なんだかなぁ、、そういうのって?

先ほどの見晴台まで戻りました。

ここで持参のコーヒーを飲みながら売ってた団子食べました。

焼き団子美味しかったですーー。

登って来た時と戻って来た時、、角度違うけど陽の高さが違う〜。

 

行き

帰り

金桜神社

  • 2018.01.02 Tuesday
  • 23:59

山梨のナンチャラ温泉へ行きたいというのだが、中央道の午後は、いつも激混低速道路。

途中まで行くも空いているが、やっぱり昼には脱出していたい。

なので行き先を手前である金桜神社へ変更。

パワースポットである金桜神社、、出るのが遅すぎる気がするが、、

山の上にあって駐車スペースが少ない。

お祭りの時は峠に何台も停めてあった。

 

思った通り凄い車。

手前の神社に停めて両方参拝するって人もいた。

峠を登って本殿側の入り口の方もどこまでも駐車している。

入り口付近はNGスペース。

で、中間的な位置の峠に停めて歩く、、、。

上の入り口の方向へ、、、

人の数は凄いけど、愛宕神社とかそういうところと比べればお参りの列的には空いている。

整列していて日本人な風景。

5列である。

みんな熊手を買っているので見たらなんか安い感じがした、、、。

大きいのはそれなりだけど、小さいとも言えない中サイズが目を引く。

お参り列のすぐ右なんで、、余計に。

 

今日は雲ひとつ見えない。

 

だから富士見の場所から遠くに富士山が見えた。

 

御朱印のところは大混雑。

御朱印というより祈願のお札で混雑。

今回は大黒様ももらっちゃった。

2018年おめでとうございます

  • 2018.01.01 Monday
  • 23:59

あけましておめでとうございます。

今年もよろしくです!

 

鐘が鳴ったと同時に近くの神社に行ってきました。

いつもより暖かい気がする。

陽が高くなってから、少し先の神社に天照大神のお札頂きに行きました。

なんか夕日に見えるが、、

 

 

さらに違う神社へ行く家人が言うので町田駅方面へ。

「母智丘神社」というところだというのだけれど、なんか住宅街。

駐車場が広いというのだが そう思えない。

芹が谷公園の近くだという家人。

それって、、もしかして、、駐車場が広いっていうのは芹が谷公園の駐車場が広いので(広いとは思えないが一応二桁は停められる)そのことでは、、、???

 

嫌な予感は実態化してきた。

目的の神社が見えた。

広い駐車場どこっすかぁ???家人さん。

 

裏手に回ってもなさげ。

で公園の駐車場まで降りる。神社が上、公園は急坂の下。

最近の優しい男性陣であれば足が悪い奥さんには「ここでまってて、車置いてくるから」とか言いそうだがうちにはそれはあり得ない!坂をヒーヒーと登って到着。

境内内はすごくアットフォーム。

ご自宅もすぐ目の前というか敷地内で、お守りやら売る傍ら、ミカンどうぞと 家族総出な感じで家族的。

帰りは「公園への近道」というのに従って行く。

こっちだよ というのに間違った自信満々の家人が「なに言ってるんだ!こっちだ!!」と先頭に立ってズンズン歩いて行く、放っておけば戻ってくるのだが一応ついて行く、、だって行き止まりだもん。

さっきの近道案内図にそう書いてあった。あんたは道1本間違ってるのだよ。

そうこうしてたら行き止まり。

自分が間違ったのに怒っている。

ほぼお子様である。

今年も俺様であることがわかった。

 

正当な道で公園への下る道。

天気はいいんだけど、、、

遠いんですけど、、

 

やっと公園終わるのかと思ったら道横断してまだ先だった。

なんか来た道の方が近い、、

そうか、、駐車場は遠いんだ。

公園は近いけど。

 

さっきより陽が下にある、、

ほぼ夕方の感じの地面だ、、

 

東京大神宮参拝

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:59

靖国神社からトボトボとアイフォンのナビを頼りに東京大神宮へ。

おお、、ここですか。。。

しかし、、イメージよりこじんまりしていた。

東京のお伊勢様 というので、伊勢神宮の巨大なイメージがどうしても有って、、

参道、あっという間。

振り返って入り口を見るとこんな感じ。

 

ビルだぁっ、、、、、!

ビルですよビル!

家人がいうのは「日本一女子が多い神社」だそうな。

そういえば女性が多い、、、しかも若い人が多い、、縁結び???

 

入り口のお稲荷様はお化粧直し中だった。

参拝の時は避けてくれてお参りができるように配慮してくれている。

こじんまりしていたので、あっというまに参拝終り、、

テクテクと靖国神社へ戻るのであった、、、。

靖国神社参拝

  • 2017.08.14 Monday
  • 23:59

家人が終戦のせいかのか?靖国に行きたいというので、、、そこから徒歩圏内の神社で東京のお伊勢様という名を持つ東京大神宮にも行ってみることにしました。

まずは靖国、、、。

ううう、、、8/14だけあって駐車場渋滞。今までこんなに待ったことない。

しかも、、よくよくHPみたら値上げしてあった、、、。

暇だから車の窓からセミの抜け殻撮影。

さて、抜け殻はどこにあるでしょうか??

    ↓

駐車場入り口付近の狛犬、、いつも思うけど、ロボットっぽい。

高村光太郎デザイン説と違う説があるみたいだけど、、

車を止めて、てくてくとあるく、、

ドドーーン!という感じ。

しかし、外国人の多さにもびっくりです。

このまま遊就館へ。

じつは私の父も零戦乗りでした。

しかし、出撃の時。エンジンかけて行くぜよのときに終戦になったらしい。

いわゆる少年飛行兵かな。

この零のある1Fは無料で誰でも見ることができます。

2Fへは有料で、全部ゆっくり回ると時間が結構要します。

 

こんなの当たったら痛いじゃすまないね。

1Fには数多くの犠牲になった方の写真が展示されていますが、そこに貼られていない人も多いんだろうな。

ここをササッと済ませたかったが、いつまでも張り付いている旦那であった、、、。

ケチンボなので「駐車場代がかさむ」と言ったらピキっと反応し、東京大神宮へ移動。

東京大神宮は次のブログへ!

 

 

差出磯大嶽山神社

  • 2017.07.31 Monday
  • 23:59

ほったらかし温泉→巨大なランチ→の続き。

 

近隣に神社「差出磯大嶽山神社」があったので寄ることに。

この辺だけど、、、駐車場がないが、、、どーも上の方にあるらしい。

↓これは別なのか元なのか、、、?

ちなみに写真になんか写ってるのはオカルトではなくてガラスの内側から撮ったので

車内の様子が写り込んでいるだけです。

入口らしいものを見つけて進むとグングン上がる、、けっこうな登り。

本殿真横に到着。

上から見るとかなり良い景色、、、

遠くまで見える。

遠くでなくて、もう少し真下を見ると、川も良く見える。

ついでに、、、下から車ではなく徒歩ルートが やっぱりあるようで、、

つづら折れが見て取れた。

気の間にある石の囲いみたいなのが階段というか、、

それが道なんだな〜。

蚊が多そうだな〜。

登ってくると真っ赤な鳥居がある。

天に近くて青空に映えている、、そういえば朝は雨だった、、、今は晴天。

真っ赤で綺麗な鳥居だけを写したいが、邪魔な変な格好の家人が自分を撮ってくれるのと勘違いしてポーズしてるが、、

どうみても変な人だ、、、。とうとうフレームアウトしなかったので仕方なくこの写真、、。

絶景スポット、、

これは綺麗に下界が見渡せる。

お参りの後、お稲荷様があるので行ってみた。

この道↓の先、、。

行ってみると、階段が急で幅が狭いことがわかった。

下から見上げるとそうでもないんだけど、、

上から見ると、、こんな感じ。

足、、、まっすぐできません〜。

登り切ると小さなお社があります。

お参り後ろに転げそうで怖いぞ〜。

ここの狐さんは可愛かった。

どちらも微笑んでいるようだ。

今日は今神社に来る予定がなかったので御朱印帳を持ってなかったのですが、あと1ページで終わりだったこともあり、こちらで購入。2種あって、、こちらの緑にしました。

古今和歌集「しほの山 さしでの磯に…」に合わせた御朱印帳らしい。

甲斐の国である山梨は「富士山に次ぐ和歌の聖地」なんだそうです。

なにげに微妙な文字のような気もする、、、

下手とかではなくて、、なんか横に120%な文字のような、、。

それはさておき、、和歌の通り、千鳥のスタンプがある。

御朱印を押してもらうと、隣のページにくっつかないよう、大抵、間紙を入れてくれるのだけど、そちらも千鳥。

なんとも可愛らしい!

乃木神社

  • 2017.07.23 Sunday
  • 23:59

またまた家人が言い出した。「乃木神社へ行きたい」

乃木神社、、、乃木将軍の乃木邸と隣接している乃木神社。

実は乃木邸は中に入れる日というのがあって、それはまだ先の日程。

中はどうでも良いようなことを言ったので乃木神社へ出発。

地下鉄の駅のすぐそばなのだけど、我が家が最寄の駅ってものが無いに等しいため、やはり車移動。

この辺り駐車t料金がいつもヒヤヒヤする〜。

やややや、、の骨董市やってました。

入り口にズラッと店舗を構えてました。背後にはビル、、、。

乃木将軍もビックリです、、。

中はこんな、、

すぐ左手が乃木邸。

その横は乃木神社で、間にお稲荷さん。

奥へ行くと、、、

白無垢をまとったお嫁さまが!

カメラマンが全て女性だったことの方がビックリだったけど、、、

あちこちでパシャパシャ撮ってもらって良い笑顔でした。

パンパン!

ここから入り口方面へ戻り、、、お稲荷さんへ。

しかしここで稲荷渋滞です!

なんでかというと、最前列のグループが外国の人で、作法がわからなかった様です。

祈れば通じる!言葉も外国語なんだし、、祈ればヨカ!

鳥居はあったけど、、気のせいですかね、、お稲荷さまはいらっしゃらなかった様な、、

 

ここをまた降ってすぐ右が乃木邸入り口。

内見はできないですが、外観は見れます。

外国の方が多く見に来ていました。

最初に右にあったのが「乃木家祖霊社」

そして乃木邸です。

銅像、、

 

そして馬小屋、、

乃木邸は婦人お部屋や応接、自決された部屋などが外から見ることができました。

なんとなく明るい軽井沢風な風景なんですが、空気が重い感じでした。

家人、ここに来てから帰宅まで耳鳴りとれず、、、。

亀ヶ池八幡宮

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 23:59

来宮神社→伊豆山神→海鮮丼 の帰り。。

なんとか相模原市までたどり着いた、、、。何度も通過しているけど立ち寄ったことが無い亀ヶ池八幡宮へ。

うちにも亀がいるので なんとなく、、親近感、、。

きっと亀が沢山いるんだろうな〜、、、

 

亀のお出迎えならず、、

龍のお出迎え。

ここは数年前に建て替えられたらしく、すごく綺麗。

さらに大きい、、、。

なかなか、、、見えてるけど見た目より結構奥に、、

もっと、、、奥なのか、、、

あ、、、あった、、、本殿、、

こんなに今日は殺伐としていても、お正月とか人で前が見え無いんだろうな、、、。

そーいえば亀は何処???????

池は、、??

うろうろ。。。

しかし見つから無かった。後々調べたら、昔は沢山亀がいる池があった、、、とのこと。

Googleマップで見ると池のようなものがあるようだが、、それは八幡宮内をウロウロしているときは全然わから無かった。

お稲荷さんも綺麗。

ここのお稲荷さんはすごく優しくて可愛い顔でした。笑ってるみたい。

 

ここの八幡宮には名物があるようです。

それはこれです!

 

        ゴールド神社!! 

 

 

家人は早速お参りしてたようです、、、。

私はナントナーーク気が引けたのでお参りし無かった、、、。

 

御朱印待ちは無かったのだけど、、なぜか、すごーーーく時間がかかりました。

20分くらい、、

亀のお守りが沢山売ってたけど、、亀さんがいなかったのが残念。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

HP本家

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM