お久しぶりでございます

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 11:05

大変お久しぶりでございます。アット ブログ。

 

ネコ保護事件からやっと落ち着きました。

保護ッチューのは大変なこってす。

子猫5匹は目が見えてなくて歩けないネズミの子みたいな感じでしたし、親は凶暴な上にうちの猫に発情しって途中育児放棄し食い殺しそうな勢いになるし。子猫のご飯はだいたい4時間おきです。が授乳拒否するし。

おしっこも通常親がお尻を舐めて刺激して出させますが、やってる様子もない。

親はガリガリに痩せていたので空腹でずっと鳴きつづけるし、、寝不足な数ヶ月、、。

声が大きいのでクソ暑いけど窓は開けられないし、、閉めてても声が外まで響く、、。

2F建てゲージも子供達が動くようになったら親は2Fで休めなくなったので、慣れないけど和室1部屋解放。

するも、。ゲージではトイレでしていたのに、絨毯にコンモリするし。

素晴らしき香り。

猫は通常習性で砂にするのでしつけはしなくても、猫トイレでするのだが、、。

また布製品にされると、つんざくような匂いで居られない。

うちの猫もマーキングがひどくなるし。この匂いも同じく、、すごい香り。

子猫は動けるようになってきたらだんだんと破壊工作活動がすごくなる。これは予想どおり。

カーテンには飛びついてぶら下がるし、捕獲数日前に貼り直した障子は壊滅状態。畳は巨大な爪研ぎ板。

子猫が研いでも可愛らしモンだけど、親が研ぐとド迫力!

まぁ、それもいいが、、。畳にそそうが強烈な匂いで一生取れなくなるのでブルーシートを買ってきて敷き、それだけだとめくってしまうので、ダンボールを張り合わせて上に置いて、さらに工事現場みたいに長い角材を数本置き。

寝られないという旦那は台所に布団敷いて寝てるから朝早くから台所は使えない。

さらにうるさくて寝れないというので耳栓使用。

という生活でございました。

親猫は歯ブラシに棒をつけて延長してそれで撫で、撫でられることが気持ちいいようだったので、少し慣れたら、棒を外し、歯ブラシで撫で、犬用のブラシで撫で、最終的には手で撫でれましたが、人間を信用していないので、撫でるコツが必要。

お腹を壊した時はお尻は拭けない(凶暴)けれど、常に飢えているので、ご飯に麺棒で砕いたビオフェルミン半錠を混ぜたら回復。

そして、成長してテロ活動を繰り返す子猫も飢えてくるとドアにアタック攻撃を全員で開始。

和室なので穴があきそう。そこでまたダンボールを数個張り合わせてドアカバー製作。

まぁ、猫なので数週間したらそんなもの飛びついたり、高いところまでよじ登るけど無いよりマシ、、、。

 親が子猫の面倒をちゃんと見ないので、早期に里親探しを開始。

掲示板やジモティなどは変な人の可能性も高いので知り合いの知り合いまで。

NPO里親団体にも協力してもらい、最初の里親さんはお二人とも看護師さん。

前に飼ってた猫と同じグレーだったので、、ということでした。

とても良い方でしたし、今でもラインで写真や動画も送ってくれます。

次の方は先住猫がいる方でメスが欲しいという方。メスは1頭しかいないので、グレーの激しい子に決定。

(グレーのお父さんはロシアンブルー、野良のロシアンが居るんですよ、、信じられない!)

そちらは友人お勤め先の関係の人。猫を連れて行くまで知らなかったのですが、、持病があり、お母様も重度のリウマチ。

持病のため、免許も返納するということでしたが、便が良く無い場所に住んでいるので 大丈夫かなぁ、、、。

猫も先住と上手くできず、、、、精神的にダメージを受ける前に戻しとか、もう少し大きくなるまでうちでお預かりするとか提案はしたのですが、なかなか自分の家に来てしまうと「うん」とは言わ無いものです。

しかし、数日後、奇跡的なのか仲良しになった写真がきました。

飼い主さんはその後も他の病気が出たり、精神的には強くは無い方のようで、相談ラインが毎日来たので少し先が心配です。

その次の方はパン教室の来てくれてる方のお知り合いのお母様。

猫を飼ったことが無いということで長い間迷っていました。

やっとお見合いに来てくださった時、子猫は残り2匹。

最初は人に飛び乗ってましたが、だんだんと人が来る毎に兄弟がいなくなり恐れるようになり、寄ってこなくなりましたので、こりゃダメだな、、、もらわれ無い、、と思ってたのですが、1匹を決めてくださいました。

連れて行った日に2F建てのゲージがちょうど配達され、みんなで組み立て。

その猫が一番堂々としていました。

横浜市で、運搬時間も長かったのに全く鳴かないし、現地でも隠れもしないし、翌日にはお父さんの横の椅子に飛び乗って堂々としている動画が送られてきました。

最後の1匹、、、。この子はたいへんでしたよ。 そのうち続編へ、、、

++++++

パンを全然作ってない日々でした。

教室は休止でしたが、子猫を見に来てお茶飲んで帰った方も数名。

遊びに来てくださった方もいらして幸せです!

 

保護猫2匹里親さんへ旅立つ。

  • 2018.06.07 Thursday
  • 23:59

保護猫のクロネコ一家のグレーの仔猫と黒の仔猫、尻尾まっすぐ長のコンビ2匹が新しい家に出発する日。

 

おうちの環境確認のため、私が連れて行くのが夕方16時。
旦那様と奥様お二人揃って迎えたいとううことで夕方の指定。
我が家に面会にいらしてくださった時、かなり迷っていた結果選ばれた2匹。
以前似た顔のグレーの子を飼っていたそうです。
グレーの子は目の下が腫れぼったかったので、数日前に獣医さんへ連れて行ったら、下の瞼から出る出る赤い目やに。
よくこんな小さな目の中にと思おうくらい。それから毎日朝晩目薬をあげていたので、その目薬も持参。
朝は柔らかいパウチのご飯、お昼に練習用に買った最小粒のカリカリ、15時くらいにチュール(親猫が授乳拒否を繰り返したため)、夜は朝よりも少し固めのパウチ、、、それと粉ミルク。あとはいつも兄弟みんなで寝ていたクッション、匂いのついたトイレの砂。
それらを持参。
家人は朝仕事へ行く前に「マンション猫になるから土を踏むことはもうないだろう」と言って、だっこして2匹に土を踏ませていた。
そんなこんなでマンションに到着。
旦那様が迎えにでてくれて、ゲージを持つなり「来たな!」と嬉しそうに言った。
ご自宅には立派な2階建ての猫のゲージ。その中にはフカフカのベッドや綺麗な食器などが用意されていた。
家の中に放すと、知らない匂いだらけでびびって すぐにソファーの下に潜り込んで2匹でプルプルしていた。
歩く姿はほふく前進。
怖いので狭いところから狭いところへ、、。
持参した使っていた自分たちの匂いのするクッションを目の前に置くとクンクン匂って少し安心して手をかけている。
ようやっと少し慣れてきたのは2時間以上経過してから。
様子を見て安心したので私も撤退。
とても良いところへもらっていただいて感謝。
運ぶ時も猫の入ったキャリーバッグに手を置いて、「しあわせになーれ、しあわせになーれ」と唱えて移動したけど、幸せになりそうです!一時は殺されるところだったのに折角生きれたのだから幸せになってほしい。

猫一家と教室の再開について

  • 2018.06.01 Friday
  • 00:13

ゾンビ状態のパン教室ぐるぱくです。皆様お元気でしょうか、、、。

「教室の再開について」とタイトルにありますが骨折の後再びお休みするという宣言そのものをしていません、、。

いや、、次々と襲い掛かる「いろいろ」でしたが、、、

現在の「いろいろ」について、、。

前にこのブログでも猫の一家を保護して飼い主さん募集を書きましたが、、これがまた大変で、、。

 

親猫さんは家人の会社作業場にウロウロしていた黒いメス猫ちゃんです。

その猫は多分1歳とのこと。

その猫さんの旦那さんは、野良のロシアンブルーです。ロシアンが野良??

まぁ、、捨てられただと思います、、。

人間の都合ってやつでしょう、、。

なのでお子様は黒の猫が3匹、グレーの猫が2匹でした。

その仔猫たちは会社の偉い人によって、山か川に捨てられる計画があったらしく、、。

家人が捕まえたいとのことで、、

知り合いの猫の保護団体のNPOさんに連絡を取って、猫の捕獲器をお借りしました。

ちなみに捕獲器は保健所でも借りられるそうです。

 

そうそう、、うちのヤマビはその団体から譲渡された猫です。

 

親猫は あっという間に捕獲、、仔猫はひとやまって感じでゴッソリ持ち運べたらしく、、4匹の仔猫、、と聞いてましたが、捕獲器と段ボールに入れられた仔猫が我が家に到着して確認したら仔猫は5匹でした。

 

まだ後ろ足がヨロヨロしていて、目もよく見えてないので戯れるとか そーいった仔猫レベルに達してない赤ちゃん猫でした。

親はかなーーり怒っており、とても触れるとかってレベルではなく、、、。

しばらくは授乳もしていたし、仔猫はミルク飲んで寝てる、、だけなので手はさほどかかりませんでしたが、、だんだん動き回るくらいになって、えらいことになってきました。

それだけなら良いのですが、、、現況、親猫が仔猫を威嚇し始めたのです。

 

通常親が仔猫を威嚇するのは生後半年です。

ただ気が立っているのかとおもてったのですが、、、どうやら原因はうちの猫。

うちの猫は雄で、去勢手術はしてあるのですが、マーキング癖があります。

その匂いを嗅いだからなのか、、多分、親猫さんは次の発情期になったらしく、、うちの猫を窓越しでも見かけると、ウニャウニャとすごいアピール。捕獲しているゲージが2段というのか2F建てみたいなゲージですが、上に行ったり下へ行ったり。

そうなると仔猫への威嚇や、授乳拒否など、、、ほぼ間違いない、、。

 

先日は食い殺すのではないかと思うほどの威嚇でした。

と言っても、親猫は人間へもシャー、、、ウーーーと威嚇しても手を出したり噛みついたりした事はないです。

この時は4時間くらい仔猫と親猫を隔離し、その後一緒にしたら授乳させていました。

こういう時は穏やかな顔です。

 

どうも欲なので、リズムがあるのだろうと思います。興奮してる時とそうでない時で授乳して毛繕いしてやたっり、、かと思えが威嚇して授乳拒否したり仔猫を怯えさせたり。。

 

またご飯も大変です。親が大変飢えており、ご飯をあげる時は飢えたライオンのような勢いです。

最近は仔猫も徐々に離乳させてるので、まず親をゲージの2F部分にご飯で誘導し、仔猫をゲージの外に出します。

外のの仔猫はそれぞでにお茶碗に猫用ミルクでふやかしたカリカリや猫ちゅーる などを入れて与えますが、何しろ小さいので手も足もお茶碗に突っ込んだり、、、またミルクは飲もうとすると鼻に入ってしまうので飲めません。

当然親はガツガツと素早く食べるので仔猫の分も欲しくて騒いでいます。

 

そのまま待たせて、仔猫が残した分をかき集め、親猫に与えます。

親猫はガリガリに痩せていますが、たくさん食べ過ぎてお腹を壊した時はお尻を洗ってやる事もできそうもないし、、。

程々の量をあげて、、15時くらいに 猫ちゅーるをあげています。

仔猫たちは ちゅーる は食べる事ができるので私にクレクレと群がり、よじ登られ地ます。

 

成長の遅い子はまだ母乳以外をあまり食べようとはしないし、成長の早い猫は他の分まで取って食べようとします。

数日前、、5/28からやっと猫じゃらしなどのおもちゃに反応し始めました。

 

親猫の方はテレビで見た事がある方法で鳴らしています。

棒の先に歯ブラシを巻きつけて、持つところが長い歯ブラシにし、それで親をな撫でます。

最初はそれも無理でしたが、、授乳中など動きが取れない時にブラシして、ブラシの気持ち良さをおぼえさせました。

その後棒をとて歯ブラシ本来の長さでブラッシング。

慣れてきたらたまに手でタッチ。

それを繰り返し、、今は首やあたまを素手で撫でています。

頭は一瞬ビクッとしますが、気持ちよさそうにしています。

頭も撫でれたけれど、食事の時は人間への威嚇が激しい、、、。

 

そんな猫の乳母数十分おきにお世話、、でパン教室どころか、試作の生地もなんども過発酵したりで廃棄、、、。

 

それでもグレー1と黒1は、NPOさんのご紹介でとても良い方に新しい飼い主さんが決定しました。

この子たちは尻尾もまっすぐです。

 

そして今日は私の友人の会社の人が見に来てくださり、もう1匹のグレーの子が決まりました。

この子はピカチュウみたいな尻尾です。この子の行き先のおうちには8歳の先輩猫が居るそうです。

 

どちらもまだ母乳を飲んでいるのでもう少し先のお渡しです。

猫を実際にもらっていただく時は私の方から訪問し家の状況を確認、、多頭飼いではないか、変わった家族はいないか、、などなどいろいろ、、、。

 

そんなわけで、、一応6月2週目に新しいおうちにお連れする予定でいます。

近くになって仔猫の状況によっては延期もあり得ますが、親の威嚇にもよります。

それとあと2匹の黒い子はまだ飼い主さんが決まっていないので教室の再開は、その状況にもより、、。

 

黒い2匹は、尻尾がボンコ(ほぼない)のと、あるけどチョビッとの子です。

▼ボンコ

▼チョビッと

可哀想だけど見た目で幸せが決まるんだな、、、。

でも実はこの2匹は一番成長も早くいろいろなことを覚えるので多分頭がいい子です。

 

よくあるネットでの譲渡は かなりいい加減な人や、いじめる人などもいるのでやりたく無いのです。

知り合いの知り合いまでなので、相当範囲も狭い、、、見に来てもらって話などもして お人柄も見させていただいています。

動物は飼い主を選べないけど、飼い主で一生が決まるのですから。

 

そんなわけで、、今猫一家中心の生活です、、、。

教室もやろうと思えばできるとは思いますが、、動物なので ウンチもするし、臭うこともある。

動物が嫌いな人もいる。

猫は臭わないと言っても臭うと思うし。鳴き声だってするし、親の威嚇だって聞こえるし、、。

というわけで、再開まで、、今しばらく、、、おやすみです。

 

一応の目安は早ければ6/23、遅ければ7/1くらいかな、、。

23は決まっている3匹が貰われてから2週目にあたるという理由です。

親猫も慣らしてあげないといけない、、、。

この子はNPOさんが相談に乗ってくれる予定がありますが、なるべくなら良い飼い主さんに貰われてほしい、、。

猫の飼い主さん募集です

  • 2018.05.19 Saturday
  • 01:06

現在猫の一家を保護しています。仔猫はまだ授乳中です。
こちらの教室に来たことがある方で貰ってくださる事を検討くださいます方、ご一報ください。写真のアップ先を明記したURLお送りいたします。


クロネコ3匹、グレー(ロシアンブルー風)2匹、性別不明。+親はクロネコ(約)1歳です。


猫を飼う事、仔猫を飼う事は結構大変です。いたずらもします。家をボロボロにもします。それらを寛容に受け止めれる方で、予防接種や病気など適切に対処してくださる方。よろしくお願いします。
 以前ワンちゃんを保護し、飼い主さんを募集した際、ALLウェルカムにしたところ、変な方や流行りだけの方が多々いらした為、今回の猫ちゃんの譲渡については、私から見て、知り合いの知り合いまででお願いします。

ヤマビ怪我

  • 2018.03.23 Friday
  • 23:59

我が猫ヤマビ、、朝と午後から夜まで庭に紐付きで繋がってる変猫。

家の中があまり好きではなく、大雨でも外に出たがる猫です。

犬のように庭の端から端までワイヤーが張ってあり、そこにカナビラと紐で繋がってあちこち移動したり、椅子や段ボールハウスの中や上に乗っかってます。しかし、、庭だから、、紐で繋がってても安堵できないのです。

そんな猫でも、鳥を仕留めてしまって食べちゃったり、、駆けつけた時には遅くて、、、

あるいは、今回のように、喧嘩に至ることも。

喧嘩の声がして駆けつけると既に取っ組み合いしています。

ヤマビは縄張り意識が強く、すぐに喧嘩しようとする。

人間でいうと友達がいない喧嘩っ早い嫌な奴かも??

今回も、声でかけつけたら既に戦闘中。

だいたいは人間が出てきたら相手は逃げちゃうんですが、今回は逃げた先が行き止まりでヤマビが馬乗りしていて。

紐引張立ってすごい力。

隙を見て相手の猫が逃げてくれた。

そのあと、相手の猫は怪我したかもしれない、病院へも行けずに痛くて可哀想だと、私と家人に散々怒られたヤマビ。

 

その時は傷が見当たらなかったのですが、どうも痛くてベロベロ舐めて舐めすぎて、そこがハゲになり、相手の爪が刺さったらしく、点のような穴が空いていて、ぶっくりと腫れていたのが発覚。

中から膿が出てました。 さすがに少し元気なし。

翌朝、かさぶたになってたので安堵しましたが、一応動物病院へ。

すると いきなりバリカンで剃られた〜。

気持ち悪い写真ですいません、、。

 

そして、獣医は満身の力でギューーーーっと中の血を出し始め、、抑えてた私も血まみれだ〜。

 

どうもカサブタは逆にNGらしく。

まだ中で膿んでるので、そのままだと中でばい菌が増殖してしまうらしく、、帰ってからも1日何度か同じように押し出すようにしてくれとのこと、、。溜まってる血が出なくなるまで、、

いや、、一応行ってよかった獣医さん、、、。

ヤマビと亀

  • 2018.03.09 Friday
  • 23:59

だらだら、ぬくぬくと布団で寝ているヤマビ、、

寒い寒いとストーブ目指してやって来ては、ストーブを陣取る亀。

 

こいつも、、だらだらと手なんか伸ばしちゃってます、、

あったかくて たまらんようです。

猫の兄ちゃんが来ても譲りません。

ストーブの順列、、

亀、猫、人間、、、

カメさん

  • 2018.02.27 Tuesday
  • 23:59

うちカメは夜になると散歩時間になる。

水槽から出して出してとせがんで来る、、。

で、出すとあちこち意味なく歩き回る。

ちなみに「もしもしカメよ。。」の歌と違ってカメというのはすごく移動が早い。

今いたのに、、と思うともうそこには居ない。

 

しかし、、何度見ても不自由そうな体だな、、、。

そう思ってたら段差でひっくり返った。

見てたら しばらく ジーーーットしている。

起きれないのかな?

と放置しておくと、、助けてもらえないと思い、、自力脱出に踏み切る。

片手を伸ばし、、

伸ばした片手を地面につけたら もう一つの手も伸ばして、、

両方の手で勢いをつけて、まず起きたいのと反対方向へ身を傾け

その反動で、、

回転をする。

脱出成功!

ちなみに緑色の紙は、目印。

目立たないので踏みそうになるので散歩中は「マント」ってことで甲羅に

セロテープではりつけてる。

この作業はきっとしんどいので、誰か起こしてくれないかな、、と最初は動けないフリをしているらしい。

ミケ

  • 2018.01.27 Saturday
  • 23:59

家人実家近くに捨てられた猫、ミケ。

ひとなつこく、おとなしく、優しい猫。

ある日突然やってきた。

義母の後を付いて歩き、夕方には近くの畑の小屋へ消えてゆく。

いつも門柱などでひなたぼっこしているので、通る人はこの家の猫だと思っいる。

人気者でみんなが写真を撮ったりしている。

高齢だろうから寒さがこたえるのではないかな、、。

このミケが1日でも来ないと義母は心配しまくって見に行ったりする。

というのは前に小屋に酷んでたら鍵をかけられて出れなくなった、、ということがあったから。

鍵をかけた人は無論猫に気づいてい無かった。

界隈の人気者。

 

そしてこっちがタスキ。

この猫は義弟が職場から連れてきた。

なんでも職場で人にいじめられ、石をぶつけられて腰を骨折し真冬に冷たい川底を歩いていたらしく、、

捕まえたのを私が取りに行き、獣医へあづけ、その後仕事終わった義弟が獣医に寄ると骨折していたことがわかって、手術入院。

去勢手術。

 

さらに職場でこの猫が産んだらしい娘猫も実家室内にいる、、。

来た時両方とも痩せてたが今はブヨブヨしている。

その猫のさらに子供?他人?

もう このへんになるとよくわからん、、自分の家じゃないし、、

うようよと庭に居た子猫を捕獲し獣医師会の譲渡会で貰ってもらったのですが、その時捕獲し損ねた猫が子供を産み、、

またもや4匹くらい外に子猫が増えていた、、。

 

今度は里親会の力を借り、、捕獲。

避妊手術し耳カット。地域猫で外でくらいしてる。その1号。

その2号。

すかす、、どいつも慣れないのだった、、。

多分猫を見て捨てて行く人がいて増えるんだな、、。

嫌いな人もいるだろうし困ったものだ、、。

この猫たちも里親を探したようだが見つからず懐かず断念な感じ。

まぁ室内に数ヶ月いた時の飼い方 見てると人になれないだろうなこれじゃ、、、という感じではあったが、、。

1部屋解放して野放しなので室内にいる野良、、という感じで。

かといって人の家だし 強要はできないしねぇ、、。

 

そこへゆくとミケは抱っこも嫌がらないし ひっかくこともない。

平和主義者だ

 

白色おばけが勝利する

  • 2018.01.24 Wednesday
  • 23:59

猫のヤマビは雪が大嫌い。

寒いからではなくて、、前の大雪、、4年前の大雪の時も外へ出たい出たいと喚き立てたので庭に繋いでおいたら、そこへ屋根から雪の塊が次々とドスンドスンと音を立てて目の前に落ちてきた。

しれがよほど怖かったらしく、その後しばらく出たいと言っても玄関を開けて雪があるのを見るとUターンしていた。

 

新たな年になって雪が舞っているのを見てもそれを覚えていて怖がった。

今年も雪になるという予報を聞いて「ヤマビ。白色おばけがまた会いに来るってよ!」と言ったのだけど 知ったことじゃ無いという顔で優雅に毛づくろいしていた。

そして訪問は実行され、、、

出してくれ!というヤマビは玄関を開けたとたんUターンし、室内で泣きわめいた。

もうどこへいっていいのかわから無いらしい。

 

そうだ!ここなら奴に見つからずに奴らを監視できるぞ!

 

こうやって白色おばけを監視中。

亀は新しいマントをもらった

  • 2018.01.10 Wednesday
  • 23:59

亀は家人に新しいマントを作ってもらいました。

なんで甲羅にくってけてるかというと、緑色で目立た無いので踏まれそうになるからです。

 

しかし、、そこ、、猫くんの食卓なんだけど、、食われますよ君。

このマントは日航デザインらしい。

鶴っぽい絵が描いてあるし中央の立体部分に日の丸みたいな赤い丸が描いてあるし。

付箋は謎。

 

やっと降りた。

ここに登板してくるのがすごいんだけど、、斜めになりながら上がってくる姿はむかしの映画ジョーズみたい。

人食いサメのジョーズがボートにドカっと上がってくる感じ。(わかる人すくなかも、、)

 

食卓に上がっても猫くんは食う気は無いようです。

仲良し。

ちょっときになるけど、、

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

HP本家

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered by

無料ブログ作成サービス JUGEM